動画制作と言ってもその種類はさまざまある

映画を撮影するのも動画制作のうち

動画制作と言えば、普通の人はパソコンで難しい作業をすることを思い浮かべるのではないでしょうか。確かにそれも動画制作の一つなのですが、もっと昔から続く基礎的な動画制作の方法があるのです。それが、映画撮影です。映画に限らず、ドラマなども含めてしまっていいのですが、ビデオカメラをただ回すだけでもそれは立派な動画制作だと言えるのです。なにも難しい作業をすることだけが動画制作ではない点を知らなくてはいけません。

最近はパソコンでデジタル制作が人気

やはり最近はパソコンを使って動画制作をするのが人気になっています。一般的にコンピューターグラフィックスと呼ばれるものですが、3DCGをバリバリ使って、今までにないダイナミックな動画制作ができるようになりました。パソコンが一台あればできるので、個人でもこのコンピューターグラフィックスの世界に足を踏み入れている人は多いです。これからもさらに盛んになっていく業界ですから、今のうちから勉強しておくのは賢いです。

世界的に盛り上がる動画制作業界

コンピューターグラフィックスの発達によって、どんどん映像表現は多彩になってきています。3DCGで人物を描くのも比較的自由にできるようになりました。不気味さを感じさせることもなくなってきたので、これからさらにさまざまな媒体でCGは活躍していくことでしょう。一流の動画制作者は、世界を舞台にして活躍ができる時代に入っています。動画サイトの発達もあって、個人でも大きな飛躍が遂げられる可能性がある世界なのです。

パソコンの普及に伴って、動画制作に興味を持つ人が増えています。広告や宣伝にも最適ですので、ホームページに設置する企業が増えています。