実はそんなに差はない!?通信でよく使うイーサネットの概要

LANやイーサネットは何が違うのか

インターネットを使う際に必ず出てくるのが、LANやイーサネットという言葉。しかし、調べても何を書いているあるのか分からないといったことはありますよね?簡単に言えば、「通信の方法」のことです。厳密に言えば、二つとも多少の違いはあっても、覚えるときには、ほぼ同じものとして覚えておいても大丈夫です。ただ、細かく言えば、イーサネットに関してはLANの中にあるケーブルの一種で、イーサネットの中にも複数規格というものがあります。

ケーブルの規格によって速度が違う場合もある!?

規格というと分かりにくいですが、車などに例えると型式のようなものです。イーサネットのケーブルには複数の種類が存在し、古いものであれば、回線をいくら早いものにして、パソコンなどにケーブルを繋いだとしても、十分な回線状態が出ない場合もあります。なぜなら、そのときに出た規格が当時の回線速度と同様であったからとされています。「回線が安定する」と言われるイーサネットですが、無線ではなく、線を直接接続する際にはしっかりと確認しましょう。

広域イーサネットと通常のイーサネットは違う

一般家庭などでは気にする必要はありませんが、広域イーサネットという言葉もあります。一言でいえば、離れたところでの回線領域を広くするものですが、同じエリア内であれば、通信速度が速く、セキュリティが強化しやすくなります。一般用に使うイーサネットは確かにLANと同等と呼ばれていることが多いので、混同しないように気をつけましょう。いかがでしょうか?通信の言葉は一見して難しいものですが、インターネットの世界を快適にできるものなのです。この機会に興味を持ってさらに調べてみてはいかがでしょうか。

インターネットなどの外部のネットワークではなく、社内などの限られた範囲のネットワークがイーサネットです。

生涯できるインフラエンジニアの仕事とその実態

ITエンジニアの仕事は選び方が大切

ITエンジニアとして仕事をしていく際には専門業界をうまく選んで行くことが将来設計の上で大切になります。システム開発や多くのプログラミングの仕事は比較的若手向きという印象が強く、晩年まで仕事に携わることが難しい傾向にあります。そういった傾向を掴んで働き先を変えながら定年まで働ける道を進んでいくことがITエンジニアには必要とされます。トレンドの移り変わりも把握しながら自分の活躍の場を年齢に応じて選ぶことが必要なのです。

インフラエンジニアは老後まで働ける可能性が高い

トレンドによって流行り廃りのある分野が多いのがIT業界ですが、情報化社会である以上は常に高い需要が保たれているのがインフラエンジニアです。一度導入した情報システムの維持や管理、監視などを担う仕事は必ず必要になるため、それを実践できるインフラエンジニアはトレンドの影響を受けることなく需要が高いのです。仕事内容もシステム管理やシステム監視といったものであることが多いため若さよりも熟練した経験が重要視される傾向が強く、老後まで働ける可能性の高い分野となっています。

システム監視の仕事の実際

インフラエンジニアとしても特に晩年まで働きやすいのがシステム監視の仕事です。企業で用いている情報システムを多くの場合には24時間体制で監視を続け、大きな障害発生がないように事前に対処を繰り返していくというのが業務ないようになります。交代制で生活リズムを崩すことなく働くことができる上に、一度相手にするシステムに慣れてしまえば難しいこともないため、新しいことを学ぶのに苦労するようになった晩年でも仕事を行いやすいのです。

コンフィグ管理をする場合には専用のツールを導入するとネットワーク機器の管理を効率的に行うことが出来ます。

ホームページで一儲け!?これからの時代のお金の稼ぎ方

ホームページでお金を得る方法

日常的に正業で働いているものの、毎月生活費が足りないそうした場合は内職でお金を稼ぎたくなるものですよね。できるだけ自分自身が楽しみつつ内職をしたい場合、ホームページを作ってみましょう!制作したホームページに広告を掲載すれば、それにより企業から対価を得る事ができます。多くの人達に閲覧してもらえるホームページを作りたいなら、デザインにはこだわるようにしましょう。お洒落なホームページであれば老若男女足を運んでくれますので、大切なポイントです!

ホームページに貼れる広告の種類

ホームページを使ってお金を稼ぐ場合、設置する広告の種類は良く考えるようにしましょう。その種類によって、閲覧者が広告をクリックする事でお金を得られるものや、広告のリンク先で商品を購入する事によってマージンが得られるものなどがあります。なかには閲覧者がページをワンプレビューするだけで数円手に入るものもありますので、自分にとって最も有利な広告を選ぶようにしましょう。もちろん、種類によって一度に得られる対価の割合も異なります。

広告とホームページの内容の関係

ホームページに掲載する広告は、ホームページのコンテンツと相性の良いものを選ぶようにしましょう。例えば自分が読んだ本やマンガのレビューを掲載するホームページを作る場合、そうした作品を販売できる広告を貼ると良いでしょう。レビューを気に入ってくれた人達が、広告先で商品を購入してくれますので、大変便利です!逆に毎日日記を綴るようなホームページを開く場合、ワンプレビューで対価が得られる広告を貼りましょう。こうした広告は、ホームページのデザインに馴染むようにお洒落な形で掲載する事が何よりも大切です。全体の印象を損なわないように注意しましょう。

ホームページ作成は、今ではソフトを使って素人でも簡単に作ることが出来ます。自分がどんなことをやりたいのかをよく考えて作るのがいいでしょう。