講演を面白くする!プロの講師がやっていることとは?

プロの講師は仕事に追われていない

講演を聞きに行ったことがある人であれば誰でも感じるはずですが、面白かったと感じる講演とそうでなかった講演の差は歴然としています。面白い講演をするプロの講師は、面白くなるような見えない工夫をたくさんしているのです。例えば、話の独自性や独創性が講演の面白さに繋がることが多いですので、プロの講師は日頃から精神的にリラックスした状態で発想することを心がけています。仕事に追われることがないように講義の準備も前倒しで進めていくでしょう。

プロの講師は講演受講者のサインを見逃さない

プロの講師の講演が面白く感じるのは、講師が常に受講者の様子を伺い、それに合わせて話を進めているからでしょう。あくびをする、手の落ち着きがなくなるなど、少し退屈してきたなというサインが出てきたら、効果的な体験談等を入れて興味を再度呼び起こしたりもします。講師は一方的に話をしていると思われがちですが、受講者が発するサインを見逃さず、それに反応して講演を進めていますので、プロの講師は受講者と双方向のコミュニケーションをしているといっても過言ではないかもしれません。

プロの講師は複数のストーリーを持っている臨んでいる

プロの講師は講演に臨むにあたって複数のストーリー、シナリオを用意しているはずです。受講者の年齢や性別、地域や職業などの属性があらかじめ分かっていればそれに合わせた講義準備ができますが、当日までわからない、または情報不足ということもあります。また、聞き及んだ受講者属性情報を元に準備をしても当日会場に行ってみるとまったく違う属性というケースもあります。そういった場合に備えて、どんな受講者層が来てもいいように複数のストーリーを準備してある点がプロの講師の技と言えるでしょう。

講演会を開きたい場合には、専門的な知識を持つ講師を用意することが可能な講演依頼に高い利用価値があります。