ネットワーク監視の必要性とは!?ネットと現代社会

現代社会とネットはもはや切り離せない

現代社会というのは、もはやネットと切り離すことができない社会ですよね。プライベートではもちろんのこと、とりわけビジネス面ではかなりデジタル化が進んできて、顧客情報などのあらゆる情報やシステムがネットワークでもって管理されていたりするわけです。こうしたいわゆる企業活動は、ネットワークがしっかりと作動していることによって円滑に進めることができるんですね。なのでネットワークを正常に機能させるものとして、ネットワーク監視が必要になってくるのです。

ネットワーク監視の種類

ネットワーク監視のひとつの種類として、死活監視というものがあります。この死活監視は、簡単に言うとコンピュータやシステムがしっかり作動しているかどうかということを外部から監視するということです。世の中には絶対に故障しないシステムというのは存在しないものですよね。ネットワーク監視というのはそもそも故障しないように監視するのが基本なのですが、この死活監視ではもし故障してしまったときに迅速に回復できるかどうかというところに重きを置いているんですね。

リソース監視について

死活監視のほかに、リソース監視というものもあります。リソース監視というのは、CPUやディスク、メモリやネットワークなど、ハードウェアやOSを使用状況を絶えず監視することによって、システムにどのくらいの負荷がかかっているのかということを監視するということ仕組みのことを言います。システムに過度な負荷がかかっていたりすると、いずれはシステムがダウンしてしまうことがあるのです。なのでそうした負荷の状況を把握しつつ、あらかじめリソースの増強とか分配などを的確に配置することで負荷を軽減するんですね。

ネットワーク監視業務の仕事を行うに当たって、必要な資格は特に無いことが多いですが、ネットワーク関連やITに関する知識が必要となる場合がほとんどです。