知って得する!印刷に欠かせないコピー用紙の知識

坪量に注目!コピー用紙の重さや強度を知る数字

コピー機は、書類作成などに便利な機器であるものの、この機器を使うためには、印刷に必要な消耗品をそろえなければなりません。トナーと共に必要不可欠な消耗品であるのが、コピー用紙です。普段何気なく使っているコピー用紙も、その選び方を知っておくことは大切であり、例えば、コピー用紙の重さを示す坪量の単位があります。この数値は、1平方メートルでのグラム数を示すものです。この数値で、紙の重さや強度が推測できます。

白さに影響!?白色度で選ぶコピー用紙

コピー用紙は、基本的に白色である事がほとんどであり、単に白いというだけでコピー用紙を選んでいる人も多いでしょう。しかし、コピー用紙によって、実は色の白さに明確な違いがあるのです。コピー用紙の白さを示す単位として、白色度が参考になります。この単位は、パーセントの数値で表される値であり、通常であれば80から90のパーセンテージが多いです。一方、再生紙で作られたコピー用紙の場合には、白色度はやや低い傾向にはありますね。

PPC用紙が主流!現代のコピー紙の種類

コピー用紙は、製品によってはPPC用紙が表記されているものもありますよね。PPC用紙は、現代使われているほとんどのコピー用紙であり、通常コピー用紙といえばPPC用紙を指し示します。かつては別の手法によるコピー技術を使用したコピー機が存在し、専用の紙が用いられていました。そのコピー用紙と区別するため、PPC用紙と呼ばれる事もあります。一般的なコピー機であれば、コピー用紙としてPPCタイプを選んで問題ありません。

コピー用紙は紙であり、書類や資料が複数枚必要なときにこれにコピーして多くの人に配るときに使用します。