実はそんなに差はない!?通信でよく使うイーサネットの概要

LANやイーサネットは何が違うのか

インターネットを使う際に必ず出てくるのが、LANやイーサネットという言葉。しかし、調べても何を書いているあるのか分からないといったことはありますよね?簡単に言えば、「通信の方法」のことです。厳密に言えば、二つとも多少の違いはあっても、覚えるときには、ほぼ同じものとして覚えておいても大丈夫です。ただ、細かく言えば、イーサネットに関してはLANの中にあるケーブルの一種で、イーサネットの中にも複数規格というものがあります。

ケーブルの規格によって速度が違う場合もある!?

規格というと分かりにくいですが、車などに例えると型式のようなものです。イーサネットのケーブルには複数の種類が存在し、古いものであれば、回線をいくら早いものにして、パソコンなどにケーブルを繋いだとしても、十分な回線状態が出ない場合もあります。なぜなら、そのときに出た規格が当時の回線速度と同様であったからとされています。「回線が安定する」と言われるイーサネットですが、無線ではなく、線を直接接続する際にはしっかりと確認しましょう。

広域イーサネットと通常のイーサネットは違う

一般家庭などでは気にする必要はありませんが、広域イーサネットという言葉もあります。一言でいえば、離れたところでの回線領域を広くするものですが、同じエリア内であれば、通信速度が速く、セキュリティが強化しやすくなります。一般用に使うイーサネットは確かにLANと同等と呼ばれていることが多いので、混同しないように気をつけましょう。いかがでしょうか?通信の言葉は一見して難しいものですが、インターネットの世界を快適にできるものなのです。この機会に興味を持ってさらに調べてみてはいかがでしょうか。

インターネットなどの外部のネットワークではなく、社内などの限られた範囲のネットワークがイーサネットです。