スマホ向けのweb制作のテクニック!その内容とは?

スマホ向けは新しく制作をして振り分ける方が望ましい

現在は、PC用のwebサイトをスマホ用にも扱えるテクニックがありますよね。このメリットは一度の更新で、両方のユーザーに対応する事が可能であり、よく利用されている手法の一つです。ただし、リンク文字に対する影響が現れますよ。基本的にPCユーザーへのリンクは、普段良く利用される青文字のリンク文字を扱う事が望ましく、スマホでは押しにくいため、画像を扱ったボタンの様なリンク画像が望ましいと言われています。両方の効果を得るためには、違うサイトをそれぞれ別の形で制作を行ない、振り分ける事が望ましく、ユーザーが利用する最大限の利便性を提供する事が重要と言えるでしょう。

ファーストビューは、画像と文字が見える内容で

PC用のwebサイトは、画面が大きいため、初めにwebサイトに訪れて、直ぐに見えるファーストビューで全体を把握できる事もありますが、スマホでは制限されてしまう物ですよね。ファストビューが文章のみの内容は、魅力的に見えない事もあり、又、画像のみであれば、広告と勘違いをされたり、探している文章を探しづらくなりますよ。webサイトである事を分かり易く認識してもらうためにも、画像と文章の併用は大切であり、ファストビューにおいて認識が出来る事で、コンテツを楽しむ思いを高める事が可能になります。

スマホ用のwebサイトは丸みを持たせる事がポイント

スマホ用のwebサイトとpc用のwebサイトの大きな違いは、端末の小さが挙げられますよね。上から下へ、滝が流れる用にコンテツを縦長に配置して行く事が一般的です。横幅に対する余白を大きく設ける事も難しく、圧迫感を与える事もあり、他のwebサイトとデザインが似てしまい特徴を作り難い事も特徴の一つとして挙げられます。そこで、丸みのあるコンテツを利用する事で、柔らかさを与える事が可能になり、緊張を解いて、リラックスしながら見てもらう事が可能になりますよ。丸みのあるコンテツは、四角い画像を丸みを持たせたり、丸みのあるフォントを利用したり、丸みの多いイラストを利用する事で柔らかさを与える事が可能になります。

web制作をするコツは目的を考えて必要なコンテンツを選び、今後のビジネスに有意義に活用できるように段取りを決めると効果的です。