データ喪失の危機!?パソコン修理の対処法

修理専門業者が確実!ハードディスクからのデータ抽出

パソコンを利用している人が体験するトラブルの一つとして、保存していた記録媒体が壊れるということがあります。それも多くのデータを保管しているハードディスクが故障してしまうと、大変困ったことになりますね。パソコン修理の方法として、ハードディスクのデータをいかに失わないようにするかが大切です。完全に壊れてしまう前に、修理専門業者にハードディスク内のデータを、できるだけ抽出してもらうことで、被害を最小限に抑えられます。

パソコンの修理に備えたい!重要データをバックアップ

パソコンの万が一の故障でデータが失われてしまうと、データは二度と取り戻すことができないケースも多いです。そのようなパソコン修理の必要に備えて、大切なデータをバックアップしておくことの重要性が高いでしょう。たとえハードディスクが壊れて、中のデータが完全に失われたとしても、別の記録媒体に保存しておけば、完全にデータを取り戻すことができますね。それだけに、定期的に大切なデータのバックアップを行う事は、重要なことなのです。

うっかりもあり得る!?消去してしまったデータの復元

パソコンのデータがハードディスクから失われる原因は、必ずしもパソコンの修理が必要となる事態ばかりとはかぎりません。うっかりミスにより、データを消去してしまうということもあるのです。しかし結果として、パソコンの修理が必要な事態と同じく、大切なデータを失ってしまうことに違いはありません。しかし、データを消去したばかりであれば、まだデータを取り戻すチャンスはあります。データの復元ソフトウェアを使用すると、消去したデータが戻ってくることがあります。

パソコンの修理は安い料金で請け負っている専門の通販ショップを利用すると費用を抑えられて良いといえます。

スマホ向けのweb制作のテクニック!その内容とは?

スマホ向けは新しく制作をして振り分ける方が望ましい

現在は、PC用のwebサイトをスマホ用にも扱えるテクニックがありますよね。このメリットは一度の更新で、両方のユーザーに対応する事が可能であり、よく利用されている手法の一つです。ただし、リンク文字に対する影響が現れますよ。基本的にPCユーザーへのリンクは、普段良く利用される青文字のリンク文字を扱う事が望ましく、スマホでは押しにくいため、画像を扱ったボタンの様なリンク画像が望ましいと言われています。両方の効果を得るためには、違うサイトをそれぞれ別の形で制作を行ない、振り分ける事が望ましく、ユーザーが利用する最大限の利便性を提供する事が重要と言えるでしょう。

ファーストビューは、画像と文字が見える内容で

PC用のwebサイトは、画面が大きいため、初めにwebサイトに訪れて、直ぐに見えるファーストビューで全体を把握できる事もありますが、スマホでは制限されてしまう物ですよね。ファストビューが文章のみの内容は、魅力的に見えない事もあり、又、画像のみであれば、広告と勘違いをされたり、探している文章を探しづらくなりますよ。webサイトである事を分かり易く認識してもらうためにも、画像と文章の併用は大切であり、ファストビューにおいて認識が出来る事で、コンテツを楽しむ思いを高める事が可能になります。

スマホ用のwebサイトは丸みを持たせる事がポイント

スマホ用のwebサイトとpc用のwebサイトの大きな違いは、端末の小さが挙げられますよね。上から下へ、滝が流れる用にコンテツを縦長に配置して行く事が一般的です。横幅に対する余白を大きく設ける事も難しく、圧迫感を与える事もあり、他のwebサイトとデザインが似てしまい特徴を作り難い事も特徴の一つとして挙げられます。そこで、丸みのあるコンテツを利用する事で、柔らかさを与える事が可能になり、緊張を解いて、リラックスしながら見てもらう事が可能になりますよ。丸みのあるコンテツは、四角い画像を丸みを持たせたり、丸みのあるフォントを利用したり、丸みの多いイラストを利用する事で柔らかさを与える事が可能になります。

web制作をするコツは目的を考えて必要なコンテンツを選び、今後のビジネスに有意義に活用できるように段取りを決めると効果的です。

パソコンを買う前に、知っておきたい豆知識

マック?ウィンドウズ?

そろそろパソコンを買い替えようかと電器店に行ってみたら、商品の前に何だかよく分からない用語が並んでいて混乱してしまったそんな方に、パソコンの種類や中身についてご紹介したいと思います。まずその種類について。日本で普通に売られているパソコンは、アップル社の販売している「Mac」と、マイクロソフト社が販売しているOS「Windows」シリーズがインストールされているパソコンがほとんどです。その違いはOSと製造元です。MacはOS込みでApple社が製造していますが、Windowsパソコンは色んなメーカーが製造しています。そのため、Windowsパソコンの方が安く手に入ります。販売されているソフトも豊富なので、特にこだわりがなければWindowsパソコンを選ぶのが無難です。タブレットPCには、Google社のAndroidOSが入っている物もありますね。

パソコンってどんな部品で出来てるの?

パソコンの主な部品について紹介します。「CPU」は、パソコンの情報処理装置です。パソコンの頭脳部と言えます。性能が上がるほど頭が良くなるイメージ。最近のCPUには、グラフィック機能が内臓されています。「DRAM(メモリ)」はパソコンを快適に動かすための一時的な記憶装置です。容量が多いと、パソコンがスムーズに動きます。イメージとしては作業場が広くなる感じです。「HDD・SSD」などのストレージドライブは、データを保存する装置です。容量が多いほど沢山データが保存できます。いわばパソコン内部の倉庫です。

SSDとHDDの違い

では、SSDとHDDは何がどう違うのでしょうか?SSD(ソリットステートドライブ)は、記憶媒体にフラッシュメモリを使っています。HDDよりも読み書きが速いのでパソコンが快適に動きますが、高価です。HDD(ハードディスクドライブ)は、記憶媒体に磁気ディスクが使われています。安価で容量が大きいのが特徴です。なお、ストレージドライブは消耗品です。他の部品よりも故障しやすい部分なので、無くして困るデータは必ず別の場所にもバックアップを取っておきましょう。

パソコンは季節ごとや半年ごとに最新のものが発表されることが多いですが、性能的には一世代前よりあまり変わっていないこともあります。そのため、中古パソコンならお買い得に買うことができます。